プロピアのデメリットとは何か?

育毛剤の効き目が出ない方はプロピアで結着増毛

 

AGA男性型脱毛症は額の生え際から、頭頂部から、その両方からと3つのパターンで薄毛が進行していきます。

少しずつ進行していくので頭頂部から始まったときは気が付くのに遅れがちです。

 

最近ではいろいろな育毛剤がありますが、個人差がかなりあり効き目がほとんど出ない方もいらっしゃいます。
そんなときでも増毛なら大丈夫です。

 

いろいろな増毛がありますが一度に増やしてしまうとすぐに回りに気付かれてしまいます。
しかしプロピアで結着増毛されると段階的に増やしていくので気づかれにくいのが一番のメリットです。

 

人毛とほとんど見分けが付かない人工毛髪を使用し、自毛1本1本に高い精度で結び付けていきます。
見た目で分かりやすいカツラと違って自然な仕上がりが期待できます。

 

耐熱温度200度とかなり高いので髪を洗ったらそのままドライヤーにかけても大丈夫です。
人工毛髪を自毛に結びつけたままシャンプーしても問題ないです。

 

いろいろなメリットがあるプロピアですがデメリットもあります。
それは自毛1本1本に結びつけているだけに、将来的に自毛が脱毛して少なくなると難しくなる点です。

 

自毛にも負担が掛かりますし、自毛が成長すると結び付けている部分がずれてくる可能性があります。
定期的なメンテナンスが必要なので結構手間がかかります。

 

ですがプロピアは他の結着増毛よりも光が当たったときに乱反射してくれるので、見分けが付きにくいのが大きいです。